キッズラインの利用には、『自治体の助成金』が使えるケースがあることをご存じでしょうか?
2017年12月現在で対応しているのは、千代田区品川区渋谷区調布市福岡市の5カ所。自治体によって金額は異なりますが、年間数万円から10万円ほどもお得になります。必要な書類などをあらかじめチェックしておけば、申請もとても簡単です。

今回は、補助を活用してキッズラインを使っているユーザーさんの声をまじえながら、千代田区のルールを紹介します。

■ 小学校6年生までの「病児・病後児保育」利用料を補助してくれる

子どもが病気やケガで保育施設に登園できないとき、自宅に呼んだベビーシッター費用の一部を、区が助成してくれる制度です。
制度詳細のリンクはこちらから。

対象となる子どもは、区内に在住しており、発病中・または病気の回復期にある子ども。年齢や所属などの条件は、下記のとおりです。

・生後57日目から小学校6年生まで
・保育所など(区内・区外は問わず)に在園している
・家庭的保育事業を利用している
・千代田区学童クラブを利用している
・放課後児童健全育成事業を利用している
・保護者の疾病などにより、家庭で養育することが難しい(幼稚園児や在宅児を含む)

また、ベビーシッターを利用する前後7日以内に、医療機関を受診している必要があります。

■ 子ども一人につき最大4万円、2人いるなら最大8万円までお得になる!

助成金額はずばり、利用料金の1/2。
ただし、入会金や年会費、登録料などは助成の対象外。キッズラインは入会金・年会費・登録料が無料なので、助成金をそのまま利用費に充てることができ、とってもリーズナブルです。

1世帯あたり1児童の年度上限額は4万円です。子どもが2人いるなら、最大8万円まで補助してもらえます。

たとえばキッズラインにて、
時給1,500円のサポーターさんを7時間×3日間利用した場合……

支払った利用料金は (時給1,500円×21時間)+交通費+手数料=31,500円+α
給付される助成金は 時給の半分=15,750円

なんと、15,750円もお得にベビーシッターを活用できちゃいます。
一度の発病で数日寝込むとして、少なく見積もっても、2~3回分は助成金を受けられそうです。

■ 4種類の書類をそろえて、さっそく申請してみよう!

画像

申請の流れは3ステップ。申請書類は、自宅ですべてそろえられるので簡単です。たったこれだけ提出すれば、助成金をゲットできます! 実際に流れを追ってみましょう。

【1】4つの書類をそろえる

病児・病後児保育でベビーシッターを利用したら、下記の書類をそろえます。申請書は区のWebサイトからダウンロードできるので、とっても手軽!

(1)病児・病後児派遣費用助成金申請書※
ダウンロードはこちら

(2)病院のレシートや薬袋の写しなど、受診を証明できるもの
受診証明書というフォーマットもありますが、医療機関で記入してもらうには料金がかかってしまいます。その代わり、病院のレシートや処方薬の薬袋、おくすり手帳のコピーなどを提出すればOK。受診を証明できるものを保管しておきましょう。

(3)ベビーシッター会社の領収書
キッズラインなら、Webから領収書がダウンロードできます。区のWebサイトには「利用明細」や「ベビーシッター会社の料金表」も併せて必要とあるけれど、キッズラインの場合は領収書にすべての内容が含まれているため、これ一枚でOK。プリントアウトする際、子どもの名前が入った但し書きを選択しましょう。

(4)請求書
請求書フォーマットのダウンロードはこちらから。本来の提出タイミングは、申請が終わって「交付決定通知書」が届いてから。でも、手続きを簡略化するために、金額欄を空欄にして、申請書類と同時に提出することができます。口座情報などを記載して、まとめて出してしまいましょう。

【2】申請書類を提出する

上記の書類をそろえ、記入が終わったら、千代田区役所子ども支援課に提出します。郵送でも受けつけていますが、切手代は各自負担です。

提出期限は、ベビーシッターを利用した日の翌年度、4月第3週まで。複数件の申請をまとめて行う場合は、どの内容が紐付いているのかわかりやすいように、明細や受診証明の書類に番号などを振って提出しましょう。

【3】助成額を請求する

書類に不備がなく、問題なく審査を通過したら、郵送で「交付決定通知書」が届きます。
その後、指定した口座に助成金が振り込まれ、手続きは完了です! 申請から助成金の交付までには、基本的に約3ヶ月~4ヶ月程度かかります。

◼︎頻繁に病児保育を使うからこそ、年間4万円がうれしい

千代田区にお住まいの土屋さん(仮名)は、産後2ヶ月目で仕事に復帰。復職すればすぐに病児保育などが必要になると考えていたため、出産前から自治体の補助やキッズラインについて調べていたそうです。

「子どもが体調を崩しやすいので、病児保育はたびたび利用しています。オフィスと役所が近いため、申請書類は直接提出。うっかり忘れてしまわないよう、1ヶ月以内には出すことを心がけていますね。申請からだいたい1ヶ月ほどで交付決定通知書が届き、2~3ヶ月程度で助成金が振り込まれます。

一人あたりの年度上限額は4万円。頻繁に病児保育を利用するとすぐ上限に達してしまうとはいえ、ありがたい金額です。

病児・病後児保育はとてもニーズが高いので、直前だとなかなか預け先がありません。その点キッズラインは、差し迫った検索でも頼めるサポーターさんが見つかりやすい。信頼している看護師さんがたまたまキッズラインに登録したこともあり、これからさらに利用が増えていきそうです」

◼︎ みなさまの働きかけが、力になります!

シッターを依頼する際に割引や補助金があると、気軽に頼めて嬉しいですよね。現在キッズラインでは5つの自治体(渋谷区・品川区・千代田区・調布市・福岡市)の助成金を利用することが可能ですが、地区によってはキッズラインのご利用者様が、直接区役所などの自治体に働きかけていただいたことがきっかけで、補助金の対象事業者に認定された地域もあります。みなさんの区でも、保育や育児にまつわる助成金でキッズラインを対象にしてほしいというご意見を持っていただけましたら、ぜひ自治体に直接お問い合わせいただけますと幸いです。ご要望に応じてキッズラインがサービスのご説明に上がらせていただきます!ぜひみんなで、新しい子育てムーブメントを起こしていきましょう。

他の自治体でもキッズラインが保育にまつわる助成対象事業者として続々認定いただいています。

【渋谷区】 最大10万円まで補助!「病児・病後児保育」助成の申請方法
【調布市】小学校3年生まではベビーシッター代を半額補助!助成の申請方法
【品川区】 産後の家事育児サポートを20時間依頼できる!助成の申請方法
【福岡市】2時間わずか2,100円で産後の家事育児の依頼可能!助成制度の利用方法

◼︎ キッズラインの病児・病後児保育は簡単&便利!

子どもの体調不良は、いつだって唐突。すぐにベビーシッターを呼べるよう、あらかじめ区の助成に対応する事業者を選んで、登録しておくのがベストです。
キッズラインなら、病児・病後児に対応するベビーシッターがすばやく探せます。専用アプリから検索ができ、予約や問い合わせは24時間OK。急な発病でも、翌朝すぐに来てくれるシッターさんが見つかれば、仕事を休まずに済みます。

登録はこちらから。 

ぜひ自治体の補助を活用して、キッズラインの病児・病後児保育をお得に使ってみてください。
画像

病児サポーター情報

千代田区エリアに近い病児保育(発熱、気道・胃腸症状)対応のサポーター

千代田区エリアに近い病後児保育(発熱、気道・胃腸症状)対応のサポーター

そのほか病児保育のシッターさんの一覧リンク

そのほか病後児保育のシッターさん一覧リンク

実際に病児・病後児保育を利用したユーザーの声

「急で、それも病児の子のシッティングをお願いしたにもかかわらず、快く引き受けてくださり、大変助かりました。相変わらずの素敵な笑顔に、親まで癒されました。」

「本日は急な依頼にも関わらず、ご快諾頂きありがとうございました。病児保育をお願いすることになり、息子が体調悪い中、丁寧にサポートして頂き助かりました。とても明るい印象のサポーター様で、風邪の時のアドバイスなども教えて頂きました。またの機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。」

「本日は病児保育をありがとうございました。私も体調が悪かったので、非常に助かりました。丁寧で温かな対応をして下さり安心してお任せできました。またサポートが必要な場合はまた依頼させて頂きます。」

いざというとき焦らずに済むよう、キッズラインの登録と助成金の確認をしておきましょう♪