子供が生まれて家事や育児、仕事に日々奮闘するママパパたち。思い通りにいかない育児に奮闘するうちに、気づけば夫婦のすれ違いも生じてる?!そこで、頑張るママパパ(戦友)へ、SNSなどで子育て世代から人気を集めるバブリーたまみさんとだいしパパさんから叱咤激励をもらう連載。第4弾はどんなお悩みに対して応援メッセージをしてくれたのでしょうか?!

【お悩み】

「この4月に幼稚園に入園しましたが、ママ友と上手な付き合い方がわかりません。無理をしている自分がいますが、どうしたら自然体で接していけるでしょうか?」

(専業主婦・3歳の女の子ママ・Sさん)




【連載・第3弾】育児&夫婦の悩み、全力で受け止めます!バブリーたまみ&だいしパパの子育て応援団

バブリーたまみ画像

バブリーたまみさん:

自分に嘘をついて無理をした人間関係は、そのあともずっと無理をしつづけることになると思う。その結果、自分が苦しくなってしまうんじゃないかな。ストレスを抱えるためのママ友じゃないのに、ママ友がストレスになるって本末転倒ですよね。


だからこそ、自然体でいることがすごく大事!!!私は、【ありのままの自分】【素のままの自分】でいられるママ友であるかどうかを大事にしています。



もしママ友に嫌われる怖さを持っていたとしても、結局好き嫌いを決めるのは自分ではなく相手の問題でどうにもできない。だから、ありのままのSさんをさらけ出して、それでも「嫌い!」という相手なら、お互いにそれまでの関係ということ。



皆に好かれるようにすると、どうしても八方美人にならなくてはならないし、子育てしながら日々ストレスを抱える人間関係なんてしんど過ぎる!



ママ友は、無理して作るものではなく、自分らしくいられる相手と出会えた時に、自然と一緒に話すようになり、そしてお互いの良さや違いを理解しあえる存在になるんじゃないかな。もはや、私にとってママ友は、お互いの状況を励ましあえる【戦友】です。



ママ友にアンテナを立てている自分をまずは手放してみて。そのためにも、日々ある環境の家と幼稚園以外の別の世界を自分に作ってみてはどうでしょう。



そうすることで、世界が広がってママ友に縛られる考えから脱出できるんじゃないかな。以前からやってみたかったことを始めてみたり、コミュニティに参加したり、新たにチャレンジして自分の世界を広げてみることでSさん自身が輝いて、案外気にかけていたママ友から声をかけられる存在になるかもしれません!



だいしパパ画像

だいしパパさん:

幼稚園が始まると、新しい環境で初めて知ることや用意することも多く、人間関係も広がって大変ですよね。お子様が少しでも園生活を楽しめるように、Sさん自身も頑張らなきゃってプレッシャーに感じているとしたら、それはもうすでにとっても頑張り過ぎていると思います。


今回のお悩みの「自然体で接したい」のであれば、一旦肩の力を抜いて「お子様がお友達と良い関係でいられるためのサポート」というつもりで他のママ友と接してみてはどうでしょうか。



ママ友って、例え子ども同士が仲良くても、ママ同士が仲良くなるとも限らないと思うんです。だからこそ「どんな話をすれば良いかな」「こんな話をして傷つかないかな」など考えてしまうかもしれません。



また「子どものために作った方が良いのかな」という考えが先立ってしまうと、自分と波長の合わない、一緒に居ても居心地が悪い、という場合でも「子どものために上手く立ち回らなくては」と頑張ってしまい、普段の育児以上に疲れやストレスが溜まってしまうと思うんです。



でも、子どものためにと思ったこともSさん自身を犠牲にしてしまい、さらに我慢や不満がお子さんや家族に伝染してしまうかもしれません。



だから「子どもの存在は関係なく、相手のママ友と自分が気が合うか」を大事にして欲しいです。そのためにも、改めて「ママ友作りは子どものため?それとも自分のため?」と考えてみてください。



そして、その答えが出た時や、今よりも気持ちに余裕が出た時に「ママ友がいた方がやっぱりいいな」と思えたら、「この人なら話しやすそうだな」と思える人から少しずつ話してみて距離を縮めてみてください。応援してます!




【プロフィール】バブリーたまみ


ママ界のエンターテイナー。5歳1歳男の子のママ。SNS総フォロワー12万人。


8歳の時に母親が失踪、父子家庭で育つ。その経験を通して、ママである自分自身を犠牲にしすぎる育児はやめよう。ママである自分をまずは大事にしよう。『ママの笑顔がいちばん』というメッセージを歌やパフォーマンスやSNSを通じて日本中のママ達に伝える活動。『ママの笑顔がいちばん~スーパーポジティブソングス‼~』『ママ、いっしょに幸せになろうね~爆笑サプリメントソングス!!~』を発売(キングレコード)。その他メディア多数出演。


オフィシャルブログ


インスタグラム

 






【プロフィール】だいしパパ


2014年に結婚し8年目、3児のパパとして育児、仕事をする傍ら、日々インスタグラムで世界で一番大切な妻への思いや子ども達へ綴るメッセージが支持され、夫婦関係の構築の仕方・子育ての知識・パパ視点の育児論をSNSで発信。一人でも多くのママの心がラクになり、一人でも多くのパパの価値観がアップデートしていくように、2022年夏、子育てを頑張るママとパパに寄り添う書籍を出版予定。


Lit.Link


インスタグラム

  



▼バブリーたまみさん&だいしパパさんに聞いてみたいことを応募しよう!


応募方法はこちら





▼あわせて読みたい
【連載・第1弾】育児&夫婦の悩み、全力で受け止めます!バブリーたまみ&だいしパパの子育て応援団
「子育て限界」だった私を助けてくれたシッターさんは「家族のような存在」
共働きで小学校受験にチャレンジできた秘訣とは?〜ユーザーインタビュー


▼記事一覧に戻る
KIDSLINE編集記事一覧




今すぐベビーシッターを頼む