この春から仕事復帰を控えている方は、育休が終わるまであと少し!なんだかソワソワしますよね。そんな気持ちを同じ産休・育休中の仲間と話し、少しでも理想的な両立スタイルに近づく方法を探ってもらうため、キッズラインで「復職準備カフェ」を開催。

本記事では当日の内容について、詳しくレポートします!

1:スペシャルゲストへの質問タイム

image

今回ご登壇いただいたのは、株式会社Waris共同代表の田中美和さん。

ご自身もさまざまな不安や迷いを抱えながら、働き方を「会社員→フリーランス→経営者」と変えている田中さん。「一度しかない人生。やりたいことは、今チャレンジ!」と力強いメッセージが印象的でした。

もうすぐ1歳になるお子さんのママで、子育てと会社経営の両立をこなす田中さんに、質問もたくさん挙がりました。

「大事な会議や会食が夜の場合、どうしてる?」

「夫やサポーターさんとのコミュニケーションのコツは?」

「フリーランス希望の女性に必要なものは?」

などワーママの実態と新しい働き方、両方の質問が飛び交いました。

田中さんからは、

旦那さんと日頃から仕事について話をしておいて夜の会合に参加していること

家事代行のサポーターさんに掃除を具体的に依頼していること

整理収納のアドバイスをもらっていること

など両立のコツを教えていただきました。

「独身のときより家事はやっていませんよ」といったぶっちゃけトークで会場が笑いに包まれる場面も。参加者のみなさまが、なるほどと頷きながら、子どもを抱えつつたくさんメモをしている姿が印象的でした!

2:仕事と育児の両立ワークショップ

image
次に簡単なワークショップを交え、参加者同士の座談会を行いました。

仕事と育児の両立サポーターである池田さんから「両立を考えるとき、最初から家電や家事代行に走りがち。ご自身の両立の100点満点はどんな状態ですか? まずは理想を描いてみましょう」とヒントをもらいました。

まずはシートに「理想・現実・GAP」を書き出し、お隣の方に理想に近づくための質問をします。仕事と育児の両立について、具体的に話す機会って意外と少ないもの。会社の先輩がどう両立しているのか知らなかったり、近所のママ友はどんな仕事をしているか知らなかったりしますよね。

お互いに初対面とは思えないほど夢中になり、休憩になっても話は尽きない様子でした。

参加者の皆さんからは、

「育児と仕事の両立をあまり具体的に考えてなかったことに気づきました」

「子ども同伴のトークセッションはとても楽しかったです」

「同じ境遇の仲間に出会うことができ、いろいろと話し合えて面白かったです」

といった嬉しいご感想をいただきました。

3:ベビーシッター・家事代行の活用術

image
休憩のあとは、キッズラインのサービス紹介。まずはベビーシッターについて、法人営業の須賀から説明しました。

キッズラインのアプリや低価格の仕組みを始め、「育休から復帰したら自社の福利厚生を確認してみましょう。」という呼びかけも。福利厚生は1時間あたり700円引きでベビーシッターを利用できたりと、非常におトクに活用できるので、絶対にチェックしておきたいものです!

先輩ママのシッター活用術では、病児の場合や送迎の場合など、それぞれの目的に合わせたオススメシッターや、信頼できるシッターの探し方を伝授。

復職後に子どもが病気になってから探し始めると、バタバタしてうまくマッチングしないこともあるので、育休中の今のうちに一度自宅で事前面談をしておくべき!とのアドバイスもありました。

image

続いて昨年11月に始まった家事代行サービスのご紹介。新しいサービスということもり、皆さん興味津々!

「休日に溜まった家事をお願いしたり、夕食の献立を考えなくて済むようにつくりおきをお願いしたり、ママのストレスを軽減してくれるのが家事代行です。」という説明に、ママたちもなんだか肩の荷がおりた雰囲気に。

キッズラインの家事代行は、ベビーシッター同様、業界最安値の1時間1000円〜、入会金・年会費不要で即日依頼もOK! 家事代行を定期予約でお願いすると、仕事復帰のバタバタに心の余裕が生まれます。

参加された皆さんからも「キッズラインさんの利用をしてみたい!と思えました」「心理的ハードルが少し下がりました」と前向きな感想をいただきました。

おわりに

image

スペシャルゲストへの質問タイム、両立ワークショップ&座談会、ベビーシッターと家事代行の紹介と、盛りだくさんのプログラムだった今回の復職準備カフェ。

アンケートでは「子ども同伴のトークセッション楽しかったです。またぜひお願いしたいです」「家事代行をお願いするのも1つだと思った」など、前向きなコメントがたくさん寄せられました。

ついつい「自分でやるものだ」と思い込みがちな家事や育児。この先入観が、ワーキングマザーを苦しめてしまっている実態があります。

今回の復職準備カフェをきっかけにベビーシッターや家事代行を試すことで、復職後も時間に余裕を持って新しいことにチャレンジしていく道が切り開ければこの上ない喜びです!

この春に復職をされる皆さんの不安が、少しでも和らいでいると嬉しく思います。

<復職準備の極意!>

【1】仕事が本格的に始まる前に、旦那さんと仕事・家事・育児の分担について話しあって決めておく

【2】どう仕事をしていきたいか、理想と現実を比較し、理想に近づけるために最適な頼り先を考えておく

【3】自社の福利厚生をチェックして、復職前にベビーシッターや家事代行を使ってみる

【4】仕事復帰後のバタバタに備えて、家事代行の定期予約で心の余裕を作ってみる


第二回目の復職準備カフェの様子はこちら。新たに出た復職準備の極意も!