子どもに習い事を始めさせたいけれど、実際に何歳から始めたら良いのか、悩んでいるご家庭も多いのではないでしょうか。今回はそんな悩みや疑問を解消するため、習い事を始めるのに適したタイミングや、年齢別のオススメの習い事をご紹介します!

乳児期は早い?子どもの習い事は何歳からがベスト?



乳児期の子どもを育てるご家庭では、習い事をさせたいけれど早すぎるかな?と始めることをためらってしまう方もいらっしゃるかもしれません。我が子にはできるだけベストなタイミングでスタートさせてあげたいと思うのも親心です。では、子どもの習い事はいつから始めるのがベストといえるのでしょうか?実際には3歳前後からスタートできる習い事が多い印象ですが、習い事の種類によっても始めるタイミングは異なります。


例えば「ベビースイミング」や「ベビーマッサージ」「リトミック」などは0歳からスタートできる習い事で、乳児期から始めている人も多いようです。ママやパパの付き添いが必要なので、子どもと一緒に参加できる時間がある方は、乳児期の早いうちから始めるのが良いでしょう。


また、3歳頃になるとママやパパから離れて先生の指示を聞きながら受講できるようになる子どもも増えるため、習い事の種類の幅も広がります。子どもが挑戦できそうなら思い切って始めてみるのもオススメです。ただ、3歳になったからと言って全ての子どもがママやパパから離れることができたり、指示を理解し受講できる訳ではありません。成長スピードはそれぞれです。


周りの同世代の子どもが始めていると我が子も始めなくては、とつい焦ってしまいますよね。しかし、焦って始める必要はありません。ベストなタイミングとは、決まった年齢ではなく子ども一人一人によって違ってきます。そのタイミングを見極められるのはいつもそばで見守っているママやパパ達です。習い事の種類によって適性の年齢があることは参考にしながらも、子どもの成長スピードに合わせてタイミングを見つけてあげることが何よりもベストと言えるでしょう。

何歳から始めると良い?年齢別オススメの習い事は?

image


子どもそれぞれに合ったタイミングを見つけてあげることは大前提としても、せっかくなら年齢別のオススメの習い事を事前に知っておきたいですよね。そこで、ここでは年齢別に0歳から3歳までのオススメの習い事をご紹介します。


【0歳にオススメの習い事】


① リトミック
0歳からでも始められる習い事の一つ、リトミック。赤ちゃんは視覚や聴覚が少しずつ発達し始めると、周りの様子に敏感に反応し始めます。音楽のメロディーやリズムに反応し、自由に体を動かしたり音楽を楽しんだりすることで、聞く力や表現力を養うことができます。また、ママやパパも一緒に楽しむことで子どもとコミュニケーションを取ることができます。


② ベビー英会話
英語の習得には多くの時間を要するため、できるだけ幼いうちから英語に触れることが効率的です。物心がつく前から英語に触れることが習慣になれば、抵抗なく英語を受け入れることができるでしょう。英語を聞く耳が育ち、ネイティブな英語を習得することが期待できます。


英語の習い事は乳児期から始めるのがオススメ!その理由と学習方法とは?


【1歳にオススメの習い事】


① 体操
0歳の頃よりも格段に体が動くようになり、歩ける子も増えてくるこの時期は体操でさらに体力を育むことがオススメです。体幹を鍛え、バランス感覚を養います。マット運動やトランポリン、平均台など様々な運動器具を使うこともできますし、年齢や体力に見合った方法を選択して楽しみながら体操を行うこともできます。体の柔軟性を高め怪我をしにくい体づくりも期待できます。


② 幼児教室
複数のグループクラスで行う幼児教室は、少しずつコミュニケーションが取れるようになってきた1歳の子どもにオススメの習い事です。クラスの子どもや先生と触れ合うことでコミュニケーション能力が育まれます。また、遊びを通して学ぶことができるのも魅力の一つ。楽しみながら集中力を身に付けることができます。


【2歳にオススメの習い事】


① ダンス
さらに動きが活発になる2歳の時期は、音楽に合わせてダンスらしい動きもできるようになってきます。先生の指示に従って振り付けを少しずつ覚えられる子どももいるでしょう。ヒップホップやバレエ、ジャズダンスなどダンスには様々なジャンルがあるので、家族みんなで楽しめそうなものを検討すると良いですね。


② 音楽教室
音楽教室はピアノがメジャーですがドラムやギター、ボーカルなどのレッスンを受ける子どもも増えています。楽器に触れ、自分なりに奏でてみたり、メロディーに合わせて歌ったり、何よりも音楽を楽しむことが目的です。幼いうちから習うことで聞く耳を育み、また音楽を表現する力を養うこともできます。ゆくゆくは楽譜を読むことができるようになるのもメリットの一つでしょう。


【3歳にオススメの習い事】


① 武道
武道がおすすめな理由の一つは、礼儀作法が身に付くという点です。人間性を育み、社会に出て人と関わりを持つ中で大切なマナーをきちんと学ぶことができます。また、武道は忍耐力や集中力、精神力を鍛えることができ、体力面だけではなく心の強さも養うことができます。少しずつ社会のルールを理解し始める3歳頃から始めるのがオススメです。


② 英会話
0歳にオススメの習い事としてベビー英会話をあげましたが、3歳で改めてオススメをする理由は英会話は3歳までに習っておくことがベストだからです。4歳になるとしっかり日本語を理解できるようになり、日本語で十分に会話が成立します。そうなると英語への関心が薄れ、英語習得の導入で苦戦してしまう可能性が高くなります。日本語がまだ定着しきっていない3歳までに始めておくのが良いでしょう。この時期であれば、英語の発音を正しく聞き分けることもできます。


3歳までにやっておきたい習い事とメリット3つ

【運動系・音楽系・学習系】習い事を乳児期に始めるメリットとは?

image


幼いうちから習い事を始める上で、各分野それぞれのメリットも気になるところですよね。どの分野の習い事を選択するかを決めるきっかけにもなるでしょう。そこで「運動系」「音楽系」「学習系」の3つの分野に分けてそのメリットをご紹介します。


【運動系】
一つは、体を活発に動かすことの気持ちよさや楽しさを実感できることです。運動をするということは、体はもちろん心の健康を維持する上でもとても大切です。子どものうちからそれを知ることができれば、成長しても運動が暮らしの中に当たり前にあるという習慣が身に付くでしょう。


そして二つ目は、やはり体力をしっかり養うことができるという点です。体力をつけることは、運動をするときだけではなく生活をする上で役立つ場面がたくさん出てきます。友達と外を駆け回って遊んだり、長時間の外出を十分に楽しめたり、日常のささやかな場面でも良い影響を与えてくれるはずです。


【音楽系】
音楽は世界共通と言われるように、音楽が国を越えて人に与える影響は大きいですよね。幼い頃から音楽に親しむことで、リズム感や音感を養うだけではなく、音楽から何かを感じ取ったり気持ちを表現するなど、情操教育としての効果も期待できます。


【学習系】
幼いうちから学習系の習い事をすれば、就学前から学習習慣を身に付けることができます。習い事で学んだことを自宅で復習し、インプットとアウトプットを繰り返すことで学習をすることが当たり前のこととして生活に馴染むでしょう。また、「できた」という体験を繰り返すことは自己肯定感を高めることにも繋がります。同じクラスのお友達からも刺激を受けることで向上心を育むこともできます。

失敗しない0歳から3歳までに始める子どもの習い事



習い事を始めて失敗しないために、事前にきちんと押さえておきたいポイントが2つあります。1つは費用面、そして2つ目は習い事の送迎についてです。習い事は、始めるだけではなく何よりも継続することが大切です。家庭にとって大きな負担にならない金額かどうか、事前に調べた上で習い事を始めるかどうかを検討するようにしましょう。


また、習い事の種類によっても費用は変わってきます。月謝だけではなく、事前の準備として買い揃えなくてはならない場合もありますよね。実際に費用がどのくらいかかるのか相場を知っておくことも大切です。事前に相場を知っておけば、費用が適切かどうかも見極めることができます。


0歳から3歳までの習い事にかかる費用の相場については0〜3歳完全版!人気の子どもの習い事ベスト3と費用を徹底解説の記事で紹介しています。


2つ目は、習い事の送迎についてです。習い事は基本的に決まった曜日、決まった時間で行われます。そのため、習い事のスケジュールに合わせて子どもを送迎する必要があります。共働きのご家庭は特に、スケジュールを合わせるのはなかなか難しい場合もあるでしょう。


もちろん、仕事の休みに合わせて習い事を探すのも一つの方法でしょう。ですが、仕事のある平日に通わせたい習い事がある場合、諦めなくてはなりませんよね。そこでオススメなのが「保けいこ」というサービスです。


「保けいこ」とは「保育」と「おけいこ」を合わせたもので、ベビーシッターに保育園や幼稚園にお迎えに行ってもらい、自宅などで保育をしながら習い事ができるというもの。これならば、共働きのご家庭でも曜日や送迎を気にせずに習い事をさせてあげることができますね。キッズラインでは、家庭教師はもちろん海外での保育経験のあるバイリンガルや英語が得意なベビーシッター」や、リトミックなどの音楽レッスン可能なベビーシッターなどが多く在籍しています。保けいこの場合、集団ではなくマンツーマンで見てもらえるので、お子様にあったペースで習得できるのも利点ですね。

今すぐベビーシッターを依頼してみる

もし嫌がったら?!何歳からに縛られず、習い事は子供がやりたくなってから



これまで、年齢別のオススメの習い事や各分野の習い事から得られるメリットなどをご紹介してきました。しかし、冒頭でも少しお話しした通り、年齢にとらわれることなく、子どもの「やりたい!」という意思表示を大切にすることも重要です。


「習い事をしたくない」「習い事を辞めたい」「別の習い事に興味がある」「今の習い事が楽しい」など様々な意思表示があると思います。言葉がまだつたなくても、ママやパパだからこそ理解できることもきっとあるはずです。習い事を嫌がったら、無理に始める必要はありません。何よりも子どもの気持ちを最優先に考えてあげましょう。

まとめ|「やりたい」なら、まずは始めてみて

いかがでしたか?習い事を始めさせたいけれど、どんなものを習わせたら良いのか、習わせる時期はいつがベストなのかと悩んでいた方はぜひ参考にしてみてください!早すぎるのでは?とためらっていた方も、これをきっかけに思い切ってスタートしてみるのも良いでしょう。子どもはもちろんのこと、子供の成長を大人も一緒に楽しむことを忘れずに、前向きに検討してみてください!

今すぐベビーシッターを依頼してみる


▼あわせて読みたい
幼児期にオススメの習い事「英語」その理由とは?オススメの学習方法
【英語教育】0歳から始めた家庭は24.5%!「何から学び始めた?」
【0歳・1歳・2歳・3歳】習い事ランキング!人気は英語とスイミング



▼記事一覧に戻る
KIDSLINE編集記事一覧




今すぐベビーシッターを頼む