キーワードで検索する

虐待の防止について

全ての子どもは、「児童の権利に関する条約」の精神にのっとり、適切な養育を受け、健やかな成長・発達や自立が図られることなどを保障される権利があります。参考:児童虐待防止対策(厚生労働省)


お子さまの人権を守ります

キッズラインのサポーターは「児童の権利に関する条約」に基づき、お子さまの心身に苦痛を与えることのないよう、お子さまの人権に十分に配慮を行います。サポーター自身が虐待と疑われる行為をしないよう、自身の行動に留意しながらサポートを行います。

虐待の防止のために

キッズラインのサポーターは日頃からサポート先のユーザーとの信頼関係を築き、お子さま一人一人の発達状況を踏まえ、ユーザーとお子さまの関係性に留意しながら、お子様の最善の利益を重視して家庭支援を行います。

虐待の早期発見

キッズラインのサポーターは「児童福祉法」および「児童虐待の防止等に関する法律」に基づき、サポート先の家庭にて不適切な養育等が疑われる場合には、速やかにキッズラインサポートデスクまたは児童相談所などの関連機関に報告をします。