キーワードで検索する

保育サポートの緊急時の対応方法について

緊急時、サポーターはお子さまの安全を第一に行動します

サポート中、お子さまの身に急な怪我や事故等が発生した場合、サポーターは状況に合わせて緊急度合いを判断し、応急手当や救急車の手配等を行います。
緊急時には救急隊員や医師に引き渡し、お子さまの安全が確保できた段階で、ペアレント様に現状と経緯のご報告をさせていただきます。
また、緊急でなく指示を仰ぐ時間的余裕がある場合は、お子さまの様子を見ながらペアレント様に現在の症状等をご連絡させていただきます。

最新の緊急連絡先のご登録をお願いします

キッズラインにご登録の電話番号や、緊急連絡先となるご家族の連絡先などに変更がある場合は、速やかに最新の状態に更新をお願いします。
また、上記連絡先以外にご自身やご家族の職場の連絡先等をサポーターにお伝えになる場合は、連絡する順番(優先順位)とともにお伝えください。

病院の受診の必要がある場合

サポーターから体調の急変、急な怪我などの報告を受けた場合、お子さまの症状から一刻も早い病院への受診を検討する必要がある場合などは、サポーターへ受診の指示を行うことが可能です。
保育サポートを依頼する際は、急な事態に備えて以下の項目についてサポーターにお伝えください。

・お子さまの平熱、既往症
・かかりつけの病院、連絡先
・保険証の保管場所

※あくまで急な怪我等緊急時の対応となるため、あらかじめ予見されている体調不良の場合(例:引き渡し時に咳と鼻水が出ていて、サポート中に発熱した等)は原則ペアレント様ご帰宅後の受診をお願いいたします。

事故が起きた場合の報告

保育中の急な怪我や事故が発生した際には、サポーターはペアレント様にご報告するとともに、当日中の経緯をキッズラインにも報告をいたします。報告内容により、お子さまの様子や当時の保育場所の状況等をキッズラインよりお伺いする場合がございます。ご協力をお願いいたします。
サポート終了時のお引き渡し以降、気になる症状が出た場合、お問い合わせフォームよりサポートデスクまでお問い合わせください。

万が一の重大事故が起こった場合

教育・保育施設等で起こった重大事故については、行政への報告が義務付けられています。キッズラインでのサポート中に発生した重大事故は、サポーター及びキッズラインより行政への報告を行います。