病児保育について

病児保育の預け先としてベビーシッターを検討しています。自治体の病児保育では当日対応は出来なかったり、診断書を取りに行ってからでないと難しいなど、子供が急に熱を出した時などに非常に困っています。赤ちゃんや新生児でも病児や病後児の一時保育をお願いできるか教えてください。

キッズラインでは、病児・病後児に対応するサポーター(ベビーシッター)もいらっしゃいます。
通院前のお子さまの保育が相談可能なサポーターもいますが、安全な保育のためにも、原則、通院後の依頼をお願いしております。

病児・病後児保育の依頼方法

検索条件で、病児保育が相談可能なサポーターを検索してご依頼ください。
(病児・病後児保育が「相談不可」のサポーターにはご依頼いただけません。)

病児・病後児の対応可能な症状の範囲

対応範囲はサポーターにより異なり、以下4つのカテゴリーに分かれております。

・軽微 (発熱: 37.5度以上、胃腸症状:下痢嘔吐腹痛、気道症状: 咳・鼻水)
 ※ 気道症状は、登園許可が出ていれば基本は「通常保育」
・感染以外 (喘息、皮疹症状)
・感染症 (インフルエンザ、水疱瘡、おたふく風邪などのウイルス性感冒、とびひ、流行性結膜炎など)
・通院前

登園できる気道症状でも、サポーターによってはその他のお子様への感染を考慮し、サポートをお断りさせていただく場合もございますので、何卒ご了承いただけますと幸いです。

以下の感染症は対応できかねます

細菌性赤痢(せきり)、コレラ、麻疹(はしか)、百日咳(ひゃくにちぜき)、髄膜炎菌性髄膜炎(ずいまくえん)、結核(けっかく)、腸管出血性大腸菌感染症(O-157)、エボラ出血熱、鳥インフルエンザ(H5N1)、重症急性呼吸器症候群、ジフテリア、マールブルグ病、ラッサ熱、ペスト 、南米出血熱、痘そう、クリミア・コンゴ出血熱、腸チフス、パラチフス

ご注意ください

・嘔吐などの吐瀉物で汚れた衣類や家具等の処理をサポーターは行うことができません。
お子さまが嘔吐された場合の衣類や家具等はサポーターがご指定の袋・場所にまとめますが、その後の消毒や処理はペアレントご自身でご対応ください。

対応範囲の確認方法

対応可能な症状の範囲は「サポータープロフィール」の中に表示されます。

サポータープロフィール

「サポートの特徴」内の「病児対応」の欄に記載があります。

※病児・病後児は単発予約の場合のみ、予約可能です。
※対応範囲は各サポーターのスキルや経験を元に定められているため変更はできかねます。

依頼する際のルール

(1)病児・病後児対応可能なサポーターへのみ依頼してください
(2)予約リクエストコメントまたはメッセージにて、症状や具体的なシッティング内容を詳細に記入してください
(3)サポート前にお子さまの症状に変化があった場合は、必ずサポーターへ共有してください

安全なサポート実施のため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

病後児

病気の症状が治ってはいるが、まだ健康な状態に回復していないお子様を預ける場合には「病後児保育」となります。

例)
・微熱(37.5度未満)
・高熱は下がったが、その他の症状が残っている
・病気が完治するまでの回復期

関連ヘルプ

病院への引率について

家族内に病人がいる場合

予約確定後に病児になった場合