事前面談やお試し保育について

初めてのサポーターを依頼する前には、親御様同席の上での事前面談・お試し保育にてお子様を預かる際の方針や心構えなどを質問し、お子様を預ける上で信頼に足る人物であるか、また希望のサポート内容の確認、お子様(もしくはご家族)との相性チェック等を行なってください。

事前面談やお試し保育は、保育依頼日よりも前に設定することが望ましいです。ただし、万が一お急ぎの場合で、事前面談やお試し保育の設定が難しい場合は、サポート当日に面談と保育をつなげて依頼することも可能です。

事前面談・お試し保育の目的

①お子様・ご家族との相性チェック
キッズラインには独自の登録基準を満たした方のみが登録していますが、サポーターと各ご家庭の相性はそれぞれ異なります。安全かつ満足度の高いサポートのために、ご利用前には事前面談やお試し保育を行うことでご家庭やお子様とサポーターの相性をご確認ください。

②緊急時の対応方法の確認
サポート中にお子様が急に体調を崩されたり、怪我をしてしまう、また災害の発生も想定されます。緊急時の対応方法につきましては、必ず事前にご確認いただきますようお願いいたします。

③お子様がサポーターと1対1となる環境に慣れる
親御様がお仕事または用事等でお子様をお預けになる場合、お子様はサポーターと1対1で過ごすことになります。親御様と離れてサポーターと1対1になる時間は、最初はお子様にとって緊張する時間になることが考えられます。お子様の負担を軽減し、サポーターと過ごすという新しい環境に慣れていくためにも、親御様同席の上での保育や事前面談の時間を設けるようお願いいたします。

④ご依頼事項の明確化
安全かつ満足度の高いサポートにつながるよう、サポーターのプロフィールをよく読んだ上で依頼事項を明確にしましょう。ご家庭のルールや、やってほしいこと・やってほしくないことを事前にお伝えください。また、実際のサポートの流れを親御様が同伴の状態でご確認いただきますと、認識の齟齬を防ぎやすくなります。

事前面談・お試し保育の場所について

実際の保育場所での事前面談やお試し保育の実施をお勧めいたします。お子様の同席が可能であれば、サポーターとの相性(サポーターがどのようにお子様に接するかなど)をあわせてご確認ください。

なおご自宅以外の場所(お近くのカフェ、公園、その他任意の場所)でも面談をしていただくことも可能です。

具体的な場所は、事前にサポーターと相談して決めましょう。

お急ぎの場合・サポーターとの予定が合わない場合

・急にお子様のお預けが必要になった
・事前面談・お試し保育を実施したいがサポーターとの予定が合わない

このような場合サポート当日に、親御様が在宅で事前面談やお試し保育の実施後に続けて保育の依頼をすることが可能です。

また、現在キッズラインにはオンライン面談に対応できるサポーターも登録しておりますので、事前に実際に直接会うことができず、やむを得ない場合にはテレビ電話やインターネットをご活用いただき、お互いの顔を確認して事前に面談するようお願いします。
※オンライン面談の対応可否はサポーターによって異なります。予めご了承ください。

オンラインサポートの詳細は下記よりご確認ください。
https://kidsline.me/help/center_detail/online

面談時に確認すること

ぜひ以下のチェックリストをご活用ください。
https://kidsline.me/about/how_interview_check

事前面談・お試し保育可能なお子様の年齢

事前面談やお試し保育は、親御様が同席の場合に限り、お子様の年齢が依頼したいサポーターの保育可能年齢に達する日の1ヶ月前から予約が可能です。

※通常のサポート予約の場合は、お子様の年齢がサポーターの保育可能年齢に達する日以降で、ご予約が可能となります。