キーワードで検索する

持病があるが通常保育が可能なお子さまの保育

医師による持病の診断は受けているが通常保育可能なお子さまについて

持病をお持ちの場合でも、医師から通常保育可能と診断されている場合は、以下の(1)〜(4)の手順で「病児不可」となっているサポーターに相談が可能です。
(経験やスキル上すべてのサポーターがお引き受けできるとは限りませんので、必ず事前に詳細についてサポーターにご相談ください。

(1)キッズラインのお問い合わせフォームより、「持病の診断がされているが、通常保育を希望する」旨メールにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

<メールへの記載項目>
・ユーザーのお名前
・ユーザーの生年月日
・ご登録のお電話番号
・お子さまのお名前
・お子さまの生年月日

(2)サポートデスクからの返信が届いたら、メールに返信のかたちで「通常保育可能」な旨が記載された「医師の診断書」の画像データをキッズラインにご提出ください。

診断書には必ず以下の項目の記入が必要となります。

<記載条件>
・「通常保育可能」な旨が医師によって記載されていること
・病院の印鑑が押印されていること
・担当医師の署名(または名前の記載)
・診断書の発行日が記載されていること
・発行日より3ヶ月以内の診断書であること

※通常保育が可能な場合でも、キッズラインに診断書をご提出いただくまでは、プロフィールページに「病児可能」の記載があるサポーターへのご依頼をお願いします。

(3) サポートデスクから「承認」の連絡が届いたら、通常保育での依頼が可能となります。(審査まで最大1週間ほどお時間をいただく場合もございます。)

依頼する際のルール

登録時に必ずプロフィールの「お子さま情報」に以下詳細を記載してください。

【お子さまの病状について】
・お子さまの病名、病状について

【サポート内容について】
・薬の投与の有無
・日常生活において注意が必要なこと
・その他初めてのシッティングに必要なこと

サポーターのスキルや経験によっては通常保育でもお引き受けできない場合があります。必ず事前にお子様の症状など詳細についてご申告・ご相談の上、ご依頼いただきますようお願いします。

※お子さま情報の持病欄には必ず診断名の記載をしていただき、「通常保育可能と記載の診断書提出済」と追記をお願いします。