中央区の保活情報・基準点数

地域別の保活情報

中央区の保育園利用に関する情報

中央区ホームページ

毎年区役所で配布される入園案内は、こちらからダウンロードできます。入園を希望する場合は、「平成30年度保育園のごあんない」および「平成30年度保育園のごあんない(申請書類一式)」を確認してください。申込時に必要な書類が、就労状況によって異なるため、不足なく用意できるよう、申請書類一式をあらかじめ確認することをおすすめします。

中央区の「点数」の特徴

基準指数の特徴

中央区のフルタイム勤務の定義は「月20日以上の就労日数かつ7時間以上の就労を常態としている」で、親一人のフルタイムが20点換算となり、合計40点がフルタイム共働きの点数になります。

主な調整指数

  • 兄弟姉妹が既に入所している保育園への入所(転所)を希望する場合:申込児にプラス3点
  • 兄弟姉妹ともに入所を希望する場合:世帯にプラス1点
  • 申込児を家庭的事業保育所に預けている場合(0・1歳児クラス):申込児にプラス1点
  • 申込児を家庭的事業保育所に預けている場合(2歳児クラス):申込児にプラス3点

調整指数の適用範囲が「世帯」と「申込児」の2種類あります。どちらに該当するかによっても調整指数が変わります。また、複数該当する場合は、優先される調整指数がありますので、ご注意ください。調整指数の項目など、詳細は「平成30年度保育園のごあんない」の39ページに掲載されています。

主な優先順位(一部抜粋)

  • 父または母が会社命令により単身赴任になった世帯
  • 区内の認可保育所に兄弟姉妹が在園している場合
  • 兄弟姉妹同時入所申し込みの場合
  • 中央区に継続して在住している期間が長い世帯
  • 保護者が認可保育所等、保育施設に従事または従事する予定がある場合
  • 区内の認可保育所を利用希望月から6ヶ月以上待機している場合

最後の項目について、6ヶ月以上待機している場合には、より待機期間が長い児童が優先されます。利用調整指数が横並びになった場合、これらの優先順位をもとに入所できるかどうかが決定します。抜粋した優先順位には、条件がある場合もありますので、「平成30年度保育園のごあんない」の39ページをご確認ください。

ボーダーラインは40点。0歳児クラスが入りやすい

フルタイム、共働きの家庭の基準指数は40点。40点以上の点数を取るには、夫婦それぞれで20ポイントを獲得した上で、調整指数によって加算点を取ることが必要です。ここから、調整指数で追加点をもらえたり、優先順位が高いと入園しやすくなります。平成30年4月(第1回)利用調整結果では、0歳児は内定率は約75%、1歳児・2歳児は約60%とやはり0歳児クラスの方が入りやすいことが伺えます。すでに認可外の園にお子様を預けているという方は、調整指数で加点がつきますので、考慮しておくと良いでしょう。